便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

ゲリラ豪雨

左メニューを「ゲリラ豪雨」に切り替えました。

1件マッチしました。

  1. ゲリラ豪雨   【ID: 1533109】
    いわゆる、ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)とは、明確な定義は無いが、おおかた予測が困難な、積乱雲の発生による突発的で局地的な豪雨を指す。局地豪雨、ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もある。ほぼ日本国内でのみ用いられる用語で、気象学的に明確な定義付けも無く、気象庁も予報用語として「ゲリラ豪雨」を用いてはいない。 荒天が多発した2008年夏頃より、民間気象会社やマスコミが「ゲリラ豪雨」という用語を多用するようになり、同年の新語・流行語大賞に選ばれるなどこの頃から一般語として盛んに用いられるようになった。 使用例と普及 1970年代~ 「ゲリラ豪雨」との用語の初期の使用例には、1969年8月の読売新聞がある。集中豪雨とほぼ同義の言葉であるが、予測の困難性などの違いから2つの語を使い分ける場合がある。しかし、集中豪雨・ゲリラ豪雨共に気象学的には明確な定義づけはなされていない。気象庁は「局地的大雨」を使用している。 1960年代までは気象災害による死者、負傷者の最大の原因は台風だった。しかし伊勢湾台風の後に災害対策基本法が制定され、防災のためのインフラストラクチャーが整ってくると事前予測が可能な台風の被害は減少していった。
    【更新日時】2015-10-03T20:40:07+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。