便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

バニリン

左メニューを「バニリン」に切り替えました。

1件マッチしました。

  1. バニリン   【ID: 526658】
    バニリン (vanillin) は、分子式 C8H8O3、示性式 C6H3(OH)(OCH3)CHO で表される、バニロイド類に属す最も単純な有機化合物であり、バニラの香りの主要な成分となっている物質である。別名、ワニリン。 存在 天然物中にはバニラ、安息香、ペルーバルサム、チョウジ(クローブ)の精油などに含有されている。収穫されたばかりのバニラ豆中には、配糖体であるグルコバニリンの形で存在しており、キュアリングと呼ばれる工程を経ることで加水分解されてバニリンが遊離し、バニラ特有の香気が発現する。バニリンの量が多いときにはバニラ豆の表面に白い結晶として析出する。1858年に、ニコラ=セオドア・ゴブリーが、バニラエキスの乾燥物を熱水中再結晶し、この結晶物質を単離し、バニリンの名が与えられた。 また、原料に米と黒麹を使用する蒸留酒である泡盛、奄美黒糖焼酎などは、熟成によって米由来のフェルラ酸が、蒸留中に脱炭酸されて4-ビニルグアヤコールとなり、熟成して古酒になる過程でバニリンに変化し、独特の香気を持つようになる 合成 最初の合成は、1874年にヴィルヘルム・ハーマン、フェルディナント・ティーマン、カール・ライマーらによりコニフェリンを原料に行なわれた。
    【更新日時】2016-04-25T15:48:55+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。