便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

ピロリ菌

左メニューを「ピロリ菌」に切り替えました。

1件マッチしました。

  1. ピロリ菌   【ID: 313784】
    『ヘリコバクター・ピロリ』より : ヘリコバクター・ピロリ (Helicobacter pylori) とは、ヒトなどの胃に生息するらせん型のグラム陰性微好気性細菌である。単にピロリ菌(ピロリきん)と呼ばれることも多い。ヘリコバクテル・ピロリと表記されることもある。 ヘリコバクター・ピロリは、1983年にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルにより発見された。 胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていた。しかし、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼと呼ばれる酵素を産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)している。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされた。 ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃癌や MALTリンパ腫やびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などの発生に繋がることが報告されている他、特発性血小板減少性紫斑病、小児の鉄欠乏性貧血、慢性蕁麻疹などの胃外性疾患の原因となることが明らかとなっている。
    【更新日時】2016-03-22T01:20:33+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。