便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

光化学スモッグ

左メニューを「光化学スモッグ」に切り替えました。

1件マッチしました。

  1. 光化学スモッグ   【ID: 105075】
    光化学スモッグ(こうかがくスモッグ)とは、オゾンやアルデヒドなどからなる気体成分の光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩などからなる固体成分の微粒子が混合して、周囲の見通し(視程)が低下した状態をいう。光化学オキシダントを主成分とするスモッグ。健康に影響を及ぼすことがある大気汚染の一種。 工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が、日光に含まれる紫外線により光化学反応を起こして変質しオゾンなどが発生する。夏の熱い日の昼間に多く、特に日差しが強く風の弱い日に発生しやすい。 日本での発生件数は1970年代をピークに減少傾向にあるが、ヒートアイランドや中国からの大気汚染物質の流入などの影響により増加している大都市地域もある。 光化学スモッグが初めて発生したのは1940年代のアメリカ カリフォルニア州のロサンゼルスだとされている。ロサンゼルスは盆地の中にあって大気汚染物質の滞留が起きやすい地形条件にある事に加えて、当時の人口は1920年から1940年にかけて3倍、1940年から1958年にかけて2倍と急速に増加していくのに伴って、産業の拡大や自動車の増加が大気汚染を深刻化させていた。
    【更新日時】2016-03-30T01:16:09+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。