便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

冥王星

左メニューを「冥王星」に切り替えました。

4件マッチしました。

  1. 冥王星   【ID: 2714】
    冥王星(めいおうせい、134340 Pluto)は、太陽系外縁天体内のサブグループ(冥王星型天体)の代表例とされる、準惑星に区分される天体である。1930年にクライド・トンボーによって発見され、2006年までは太陽系第9惑星とされていた。離心率が大きな楕円形の軌道を持ち、黄道面から大きく傾いている。直径は2,370kmであり、地球の月よりも小さい。冥王星の最大の衛星カロンは直径が冥王星の半分以上あり、二重天体とみなされることもある。 発見 1930年、天文学者クライド・トンボーはローウェル天文台で第9惑星を探すプロジェクトに取り組んでいた。トンボーは、当時最新の技術であった天体写真を用い、空の同じ区域の写真を数週間の間隔を空けて2枚撮影して、その画像の間で動いている天体を探すという方法で捜索を行った。撮影した膨大な写真を丹念に精査した結果、トンボーは1930年2月18日に、同年1月23日と1月29日に撮影された写真乾板の間で動いていると思われる天体を見つけた。
    【更新日時】2016-04-24T21:17:49+09:00

  2. 冥王星の衛星   【ID: 10884179】
    ファイル:Pluto system 2006.jpg thumb right 225px 冥王星と、現在知られている3つの衛星。冥王星とカロンは中央で明るく輝いている天体であり、2つの小さな衛星は右側に小さく写っている。
    ファイル:Pluto and moons art.png thumb right 250px 冥王星と衛星の想像図
    冥王星の衛星(めいおうせいのえいせい)では、冥王星の衛星について述べる。
    冥王星には2005年までに3つの衛星が発見され、2006年までにすべて命名されている。
    1978年には最初の衛星カロン (衛星) カロンが天文学者ジェームズ・クリスティーによって発見された。
    2005年には、より小さい2つの衛星ニクス (衛星) ニクスとヒドラ (衛星) ヒドラが発見された。
    冥王星 - カロン系は、太陽系内で最大の二重惑星 連星系、すなわち重心が主天体の地表の外にある系の中で最大のものとして注目に値する(より小規模な例として小惑星パトロクロス (小惑星) パトロクロスがある)。
    【更新日時】2009-01-22T22:36:32+09:00

  3. 冥王星探査機ニューホライズン   【ID: 234897】
    『ニュー・ホライズンズ』より : ニュー・ホライズンズ (New Horizons) はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が2006年に打ち上げた、人類初の冥王星を含む太陽系外縁天体の探査を行う無人探査機である。 打ち上げ費用は、ロケット製造費、施設利用費、装置開発経費及びミッション全体の人件費を含み、約7億ドル(日本円で約800億円)である。ジョンズ・ホプキンス大学応用物理研究所 (APL)のミッションチームが管制を行っている。 本体の質量は465kg(推進剤77kg含む)。本体を軽量にして、生じた余裕は速度の向上に充てられた。発射後9時間で月軌道(地球から約38万km)を通過し、13ヵ月後に木星をスイングバイした。月軌道および木星までの所要期間は史上最短である。 太陽から遠く太陽電池を使えないため、原子力電池を搭載している。また、冥王星軌道からの通信速度は僅か800bps弱となるため、64Gbit(8GB)相当のフラッシュメモリを搭載し、冥王星探査で取得したデータはメモリに蓄積して、数ヶ月かけて地球へ送り届ける。
    【更新日時】2016-01-29T20:11:53+09:00

  4. 冥王星族   【ID: 300277】
    冥王星族(めいおうせいぞく、Plutino)またはプルーティノ族(プルーティノぞく)とは、冥王星と似たような軌道を持つ天体である。この族に属する天体は海王星と3:2の共鳴関係にあり、公転周期が海王星の約2分の3倍(243 - 253年)となる。冥王星族はエッジワース・カイパーベルトの内周部分を構成し、知られているカイパーベルト天体の約5分の1を占め、確実に92個の天体が存在し、他に104個の天体が存在する可能性がある。冥王星とカロンを除くと、最初の冥王星族 (1993 RO) は1993年7月16日に発見された。 冥王星族に冥王星自身を含むことは(冥王星も軌道の性質が同じ為)便利だが、英語表記では plutino に「小さな冥王星」の意味があるために、含むべきではないという主張もある。 主要な冥王星族の天体 軌道 既知の冥王星族の軌道を第一図に示す。横軸が軌道長半径、縦軸が軌道傾斜角、円の大きさは直径(小天体等、不明な物は絶対等級やアルベドより数値化)である。
    【更新日時】2015-11-30T17:10:57+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。