便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

天然ガス

左メニューを「天然ガス」に切り替えました。

2件マッチしました。

  1. 天然ガス   【ID: 22049】
    天然ガス(てんねんガス、英: natural gas、天然気)は、一般に天然に産する化石燃料である炭化水素ガスで、一般に、メタン、続いてエタンといった軽い炭素化合物を多く含み、その他の炭素化合物も含む。 広義には、地下に存在するガス、または地下から地表に噴出するガス一般のことであり、この中にはマグマを原料とする火山ガスや化石燃料ガス(可燃性ガス)だけでなく、窒素や酸素、炭酸ガス、水蒸気、硫化水素ガス、亜硫酸ガス、硫黄酸化物ガスなどの不燃性ガスも含まれる。これら不燃性ガスの多くは火山性ガスである。 天然ガス 地下から産出する状態の「天然ガス」について以下に述べる。液化したものは後半部の「液化天然ガス」を参照のこと。 起源 天然ガスの起源は炭素の同位体比(13C/14C)、ヘリウムの同位体比(3He/4He)、窒素(N)・アルゴン(Ar)比など分析することで判別することが出来るとされ、下記に大別される。
    【更新日時】2016-03-23T08:41:59+09:00

  2. 天然ガス自動車   【ID: 636394】
    『CNG自動車』より : 天然ガス自動車(てんねんガスじどうしゃ、英語: natural gas car)は、天然ガスを燃料とするエンジンを搭載した自動車で、天然ガス式輸送機器の一種。通常燃料は圧縮された天然ガスであることからCNG自動車とも呼ばれる。液化天然ガス(LNG)を使用したLNG車も一部普及が始まっている。 ディーゼルエンジンを搭載した自動車より排気ガス中の有害物質(黒煙・NOx・SOxなど)が大幅に少ないということから、環境対策として自動車燃料に使われ広まりつつある。しかし、圧縮天然ガス利用の場合は燃料が気体であるため、貯蔵性・運搬性に劣るのが弱点である。天然ガス自動車のエンジンはディーゼルエンジンベース(バス・トラックに搭載)、ガソリンエンジンベース(バンなどに搭載)の双方がある。 ディーゼル車と比較した天然ガス自動車の排出量の比較は以下の通り。 窒素酸化物…60~70%低減 二酸化炭素…20~30%低減 硫黄酸化物…100%低減 黒煙…100%低減 (参考)バス車両の室内騒音量…5~6%低減 (参考)バス車両の価格…1台2,407万円(ディーゼル車は1,415万円) (参考)バス車両の燃費…1kmあたり41円(ディーゼル車は1kmあたり17円)天然ガスは発熱量あたりのCO2排出量が化石燃料の中で最も低く温暖化対策としても重要視されている。
    【更新日時】2016-04-28T17:19:40+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。