便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

寺社奉行

左メニューを「寺社奉行」に切り替えました。

1件マッチしました。

  1. 寺社奉行   【ID: 70051】
    寺社奉行(じしゃぶぎょう)は、室町時代から江戸時代にかけての武家政権や江戸時代の諸藩における職制の1つで、宗教行政機関。鎌倉幕府以降、寺社の領地・建物・僧侶・神官のことを担当した武家の職名。江戸幕府では将軍直属で三奉行の最上位に位置し、楽人(雅楽演奏者)・陰陽師・囲碁将棋師に関する事項をも扱った。 鎌倉・室町幕府 鎌倉幕府では寺社を担当する奉行人が「寺社奉行」と呼ばれた他、特定の有力寺社との折衝・取次を担当する奉行が別途設置されていた。『吾妻鏡』によれば、建久5年(1194年)5月に中原季時を「寺社の訴えを執り申す」役目としたのが後の寺社奉行にあたると考えられている。また、同年12月には大庭景能らを鶴岡八幡宮・勝長寿院以下鎌倉の幕府御願寺の奉行に任じている。後に太田時連や二階堂貞雄が寺社奉行に任命され、一方諏訪大社や伊豆山神社、三島大社、熱田神宮など鎌倉幕府の庇護下にあった寺社には、当該寺社担当の奉行人を任命している。
    【更新日時】2016-03-23T03:39:20+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。