便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

火星

左メニューを「火星」に切り替えました。

20件マッチしました。

  1. 火星   【ID: 3969】
    火星(かせい、ラテン語: Mars マールス、英語: マーズ、ギリシア語: Άρης アレース)は、太陽系の太陽に近い方から4番目の惑星である。地球型惑星に分類され、地球の外側の軌道を公転している。 英語圏では、その表面の色から、Red Planet(レッド・プラネット、「赤い惑星」の意)という通称がある。 物理的性質 火星は地球型惑星に分類される、いわゆる硬い岩石の地表を持った惑星である。火星が赤く見えるのは、その表面に地球のような水の海が無く、地表に酸化鉄(赤さび)が大量に含まれているためである。直径は地球の半分ほどで、質量は地球の約 1/10 に過ぎないため、火星の地表での重力の強さは地球の40%ほどしかない。火星の表面積は、地球の表面積の約 1/4であるが、これは地球の陸地の面積(約1.5億km2)とほぼ等しい。火星の自転周期は地球のそれと非常に近く、火星の1日(1火星太陽日、1 sol)は、24時間39分35.244秒である。また地球と同じように太陽に対して自転軸を傾けたまま公転しているので、火星には季節が存在する。
    【更新日時】2016-04-01T02:42:27+09:00

  2. 火星の植民   【ID: 489866】
    火星の植民(かせいのしょくみん)とは人類が火星へ移住し、火星の環境の中で生活基盤を形成すること。宇宙移民の構想の一つ。 火星へ植民が可能かどうかは、デタラメな憶測からまじめな研究まで、多くの話題を集めてきた。 行程 火星はエネルギー(速度変更)という点では地球から向かうのが最も簡単な惑星である。化学燃料ロケットを使っている限り、火星への旅には数ヶ月の期間が必要だが、比推力可変型プラズマ推進機 (VASIMR)や原子力ロケットなどが実現すれば、2週間程度まで短縮することが出来る。ともあれ、現段階で実現可能な方法でも、現実的な時間で到達出来る点は非常に大きい。 地球との類似点 地球のすぐ内側を公転する金星は、その質量や半径などの点では地球によく似た惑星である。しかしサイズ的には地球よりかなり小さい火星の方が、人類移住の候補として注目を浴びている。これには次のような理由がある。 火星の1日(火星日またはsol)は地球の1日に非常に近い。火星の太陽日は24時間39分35.244秒である。 火星の表面積は地球の28.4%で、地球の陸地(地球表面積の29.2%)と比べてわずかに少ない程度である。
    【更新日時】2016-04-26T16:35:41+09:00

  3. 火星独立ジオン軍   【ID: 530590】
    『ジオン公国』より : 『機動戦士ガンダムF90』(きどうせんしガンダムエフきゅうじゅう)は、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』の一つで、1990年にバンダイから発売された一連のプラモデルによる企画、およびそれを元にして発表された漫画などの作品群の総称。 アニメーション映画『機動戦士ガンダムF91』におけるMSVの一つに当たり、映画の公開(1991年3月)に先駆けて前史として発表された。企画が立ち上がった経緯は商品(ガンプラ)展開上の繋ぎのためでもあるが、『ガンダムF91』が従来の作品から年代も設定も異なる内容であったため、同時に世界観設定上でも間を埋めることを目的として展開された。 『ガンダムF91』の新たな設定であるモビルスーツ(MS)の小型化に対し「宇宙世紀0111年(『ガンダムF91』の物語の12年前)に、それまで大型・高性能・複雑化という観点で進化を続けていたMSという兵器体系を、原点に返る意味で小型高性能な機体に作り変える」という設定が加えられている。
    【更新日時】2016-04-21T00:18:00+09:00

  4. 火星探査機   【ID: 25650】
    火星探査機(かせいたんさき)は、火星を調査するために打ち上げられた宇宙探査機で、火星近傍を通過したり、火星周回軌道に投入される。また火星に着陸して探査を行うものもある。火星表面で自走して探査するものはマーズ・ローバーと呼ばれる。 火星探査のためのローンチウィンドウ 地球と火星の軌道位置の関係から、火星探査のために打上げエネルギーが少なくてすむローンチウィンドウは、約2.135年(780日)間隔となる。このウィンドウは約1ヶ月の期間となる。火星探査ミッションが2年おきに実施されているのはこの理由から来ている。2011年11月の次のウィンドウは、2014年1月になる。 火星に着陸した探査機 初めて火星に着陸した探査機は、1973年に旧ソビエト連邦が打ち上げたマルス3号。しかし着陸後、20秒で信号が途絶えた。これに続くマルス6号も着陸1秒後に信号が途絶えた。 本格的な探査に成功したのは、1976年にアメリカが打ち上げたバイキング1号。その後同種のバイキング2号も着陸に成功し、火星表面の映像を地球に電送した。
    【更新日時】2015-07-19T15:12:31+09:00

  5. 火星探査車   【ID: 682633】
    『火星探査機』より : マーズ・ローバー(Mars rover)とは火星着陸後に火星表面を自動で走行するローバーのこと。日本語では火星探査車とも呼ばれる。 ローバーは着陸地点から移動しないランダーに比べ、いくつかの利点が存在する。例えば、より広い範囲を探査できること、興味深い物体に近寄れること、太陽電池による発電を効率よくするために日当たりのよい場所に移動できること、などである。 火星に着陸して運用に成功したローバーは2011年現在3台のみで、すべてアメリカによるものである。 火星探査車一覧 2012年8月までに計6台のローバーが火星に送られた。 22px Prop-M:マルス2号に搭載。1971年失敗 22px Prop-M:マルス3号に搭載。1971年失敗マルス2号および3号はソ連によって打ち上げられ、ともに同一設計の「Prop-M」ローバーを搭載していた。4.5kgの機体はランダーとケーブルでつながれており、機体下部の左右に取り付けられたスキー板のようなもので移動する予定だった。
    【更新日時】2014-06-05T23:36:17+09:00

  6. 火星人と今日子と醤油   【ID: 88529】
    『火星人と今日子と醤油』(かせいじんときょうことしょうゆ)は、4コマ漫画家の師走冬子の作品内で描かれる、架空の小説作品。作者は、『スーパーメイドちるみさん』の登場人物である、SF作家の原田潤一。 作品概要 オムニバス形式の作品で、汎用主人公の今日子が様々な状況で火星人がらみの問題に遭遇し、醤油を使って問題を鮮やかに解決していくストーリー。 原田潤一はもともと推理小説作家であったが、あまり売れておらず有名ではなかった。そこで、当時の担当編集者であった初美(後に結婚)の勧めにより、この作品が執筆された。初美との死別後にこの作品は売れ始め、売上トップとなるほどのベストセラーとなり、第40巻まで刊行されている。これは「今月の新刊」として太陽新聞2006年5月8日付号外に広告が掲載されている。べち出版刊。 2006年にはアメリカのビレッジ・アイズ出版が主催する「ゴールド・ホエール賞」を受賞している。 作者の息子2人が「面白さが分からない」と語っていることから、主な購読層は女性とみられる。 漫画化 「スーパーメイドちるみさん」の単行本化の際に、カバー裏での企画として漫画化された。
    【更新日時】2015-08-22T18:32:59+09:00

  7. 火星人刑事   【ID: 14059】
    『火星人刑事』(かせいじんデカ)は、安永航一郎の漫画。「ウルトラジャンプ」(集英社)1997年No.14-2002年9月号に掲載。 雑誌での連載は既に完結しているのだが、単行本の刊行は2001年に5巻が出て以降止まっており、2013年現在、本作と同じく最終巻である6巻が発売するまで4年もかかった『陸軍中野予備校』よりも長いブランクになっている。 あらすじ 舞台は金滅亜(キンメリア)高校。学生潜入捜査官・5代目火星人刑事として活躍している主人公栗瀬十晴は、一見普通の高校生だが、年齢はなんと30歳!。進級などで足がつかないように、2年おきに転校を繰り返していたのだ。十晴は「巾着(きんちゃく)!」という掛け声とともにスカートを裏返し火星人に変身することができるのだ。火星人スーツは耐火性、通気性、攻撃力に優れており、足を駆使した必殺武術「火星人殺法」を使うことも可能になる(ただし、下半身はパンツ一枚の丸出しで手は使えない)。
    【更新日時】2014-11-14T11:42:03+09:00

  8. 火星ロボ大決戦!   【ID: 634302】
    『火星ロボ大決戦!』(かせいロボだいけっせん)は、なかま亜咲による日本の4コマ漫画作品。『COMICぎゅっと!』(平和出版)において2004年9月号から2005年1月号まで連載されたが、雑誌の廃刊に伴い『まんがタイムきららキャラット』(芳文社)に移籍し2005年8月号から2008年10月号まで連載された。 作品概要 ロボット工学が飛躍的な進歩を遂げた近未来、ペンギン帝国は人類に迷惑をかけていた。そしてこれに対抗するため立ち上がったのが火星ロボである。 本作は基本的にロボットバトル作品だが、ギャグやエロのエッセンスが多分に盛り込まれている。また、さまざまなスーパーロボットのパロディがちりばめられているのも特徴でいわゆる「お約束」を逆手に取ったギャグが魅力。ギャグ漫画としては「ツッコミ」に類するキャラが非常に少なく、ひたすらボケっ放しの展開になりがちなのも特徴である。 作者自身がスーパーロボット大戦シリーズのファンということもあり、2巻の帯にはスーパーロボット大戦シリーズのプロデューサーを勤める寺田貴信からのコメントが寄せられた。
    【更新日時】2014-06-17T18:52:28+09:00

  9. 火星直行計画   【ID: 410222】
    『マーズ・ダイレクト』より : マーズ・ダイレクト(英: Mars Direct、日本語訳: 火星直行計画)は、1990年代のロケット技術のみで比較的低コストで実現可能な案として提案された火星有人探査計画。この計画は1990年、ロバート・ズブリンとデイビッド・ベイカーの研究報告として提唱された。ズブリンの1996年の著書 The Case For Mars にて広く知られるようになった。 火星大気の豊富な二酸化炭素を用い、地球帰還用の燃料を現地調達する、というアイデアが本計画の大きな特徴として挙げられる。 背景 1980年代までの有人火星探査構想は、地球低軌道の宇宙ステーションや月面基地で建造される巨大宇宙船を前提としたものがほとんどであり、当然ながら莫大な予算と多数の革新的技術を必要としていた。ブッシュ大統領(父)が1989年の月着陸20周年記念式典で月および火星の有人探査について語ってから3ヶ月後にアメリカ航空宇宙局 (NASA) が提示した通称「90日レポート」もその例外ではなく、火星での滞在期間1ヶ月を含む往復18ヶ月のミッションの予算を約4,500億ドルと概算している。
    【更新日時】2016-02-09T11:49:14+09:00

  10. 火星人   【ID: 21490】
    火星人(かせいじん)とは、かつて火星にすむと考えられた知的生命体であり、架空の宇宙人である。 実在の火星人の探求 初期 18世紀前半、カール・フリードリヒ・ガウスやC・クロスは、ランタンと鏡を使って火星人に光学的な信号を送ることを構想した。遅くともこの時期までには、火星人の存在が考慮されていたことがわかる。 運河の発見 1877年の火星大接近の際、イタリア王国のミラノの天文台長である天文学者 ジョヴァンニ・スキアパレッリが、火星を口径22cm屈折望遠鏡で観測しているときに、火星全体の表面に線状模様があることを発見した(なお線状模様についてはこれ以前にも複数の観測者によってみいだされている)。それを発表の際 Canali(イタリア語で「溝・水路」の意)と記述したものを、英語に翻訳された際 Canal(英語で「運河」の意)と誤訳され、「それは運河である」という説になった。
    【更新日時】2014-04-22T17:29:19+09:00

  11. 火星独立ジオン   【ID: 617475】
    宇宙世紀(うちゅうせいき、Universal Century:U.C.)とは、アニメ作品群『ガンダムシリーズ』のうち、『機動戦士ガンダム』およびその派生作品の舞台となった架空の紀年法。 また、それらの作品の世界観そのものを指して「宇宙世紀」という場合もある。 呼称法 宇宙世紀は「世紀」とは称するが100年区切りのそれではなく、実際には年をカウントする歴である。シリーズ第1作『機動戦士ガンダム』の舞台となる「宇宙世紀0079」(ダブルオーセブンティーナイン)とは、宇宙世紀に入って79世紀(7900年)経過しているということではなく、宇宙世紀に入って79年目の年であることを意味する。 スペースコロニーへの移民が開始された年を0001年とする。慣用的に4桁の年号で表記され、例えば宇宙世紀0079年は英表記においてU.C.0079、同0123年はU.C.0123と略記され、それぞれ「ユニバーサルセンチュリー・ダブルオーセブンティナイン」、「ユニバーサルセンチュリー・オーワントゥエンティスリー」と発音する。
    【更新日時】2016-04-26T14:31:26+09:00

  12. 火星トロヤ群   【ID: 640682】
    『トロヤ群』より : トロヤ群(トロヤぐん、英語:Trojan asteroid)は、惑星の公転軌道上の、太陽から見てその惑星に対して60度前方あるいは60度後方、すなわちラグランジュ点L4・L5付近を運動する小惑星のグループである。 単に「トロヤ群」という場合は通常「木星のトロヤ群」を意味する。 分布 トロヤ群に属する小惑星は2010年8月現在、4,559個(L4に2,801個、L5に1,758個)が確認されている。なぜL4の方が多いのかはよく分かっていない。 木星だけでなく地球、火星、天王星、海王星の軌道上にも同様の小惑星が発見されている。なお、海王星のトロヤ群はエッジワース・カイパーベルト天体が海王星の重力に捕らえられたために現在の軌道になったと考えられている。地球のトロヤ群は、地球から見た場合常に太陽方向に位置するため観測が難しく長らく発見されていなかったが、2011年7月に2010 TK7がトロヤ群であることが初めて確認された。
    【更新日時】2015-11-29T13:37:51+09:00

  13. 火星探査   【ID: 492060】
    火星探査(かせいたんさ)とは、太陽系第4惑星である火星へと何らかの探査装置を送り込み、惑星の大地や大気、その他の情報を収集することである。 人類が「宇宙開発」というものを行うようになってより、火星は地球、月に次ぐ重要な目標であり、アメリカ合衆国、やソビエト連邦(後にロシア)、ヨーロッパ、日本にとっての重要な目的の一つであった。1960年代以降、人工衛星や着陸船、ローバー(自走式探査車両)を含む多くの無人探査機が火星に向けて打ち上げられてきた。これらの任務は火星において様々なデータを収集し、地球の過去、現在、未来への洞察につながるかもしれない、火星の過去への疑問に対する答えを出すことを目的としている。 火星探査の失敗例の多さについて 2008年までに火星に向かった全ての探査機のうち、およそ3分の2が任務完了後に、あるいは開始前に何らかのトラブルを起こしている。例えばソ連が打ち上げた16機、ロシアが打ち上げた1機の火星探査機で完全な成功を収めたものは1機もなく、日本が打ち上げた唯一の探査機のぞみも有用な火星の探査を行うことはできなかった。
    【更新日時】2016-01-13T11:46:19+09:00

  14. 火星の人面岩   【ID: 524056】
    座標: 北緯40度48分 東経350度24分 / 北緯40.8度 東経350.4度 / 40.8; 350.4 火星の人面岩(かせいのじんめんいわ)とは、火星にある、写真によっては人の顔のように見える岩山である。火星の人面像(かせいのじんめんぞう)とも呼ばれる。米国等では、Face on Mars、The Face、Cydonia Faceなどと呼ばれる。現在はパレイドリアによる錯覚と解されている。 地理 位置 経緯度は、北緯40.8°、西経9.6°(東経350.4°)。 地名では、アキダリア平原とアラビア大陸(高地)との境界付近に伸びるシドニア・メンサエ(Cydonia Mensae、メンサは頂部が平らな山で、メンサエはその複数形)の北部に位置する。人面岩固有の名はない。シドニアとはもともと、火星探査以前の望遠鏡観測時代に、この付近一帯のアルベド地形に与えられた地名で、非公式にシドニア地域やシドニア平原(ただし実際には山地も多い)とも呼ばれる。
    【更新日時】2016-02-19T10:51:30+09:00

  15. 火星の人面像   【ID: 524099】
    『火星の人面岩』より : 座標: 北緯40度48分 東経350度24分 / 北緯40.8度 東経350.4度 / 40.8; 350.4 火星の人面岩(かせいのじんめんいわ)とは、火星にある、写真によっては人の顔のように見える岩山である。火星の人面像(かせいのじんめんぞう)とも呼ばれる。米国等では、Face on Mars、The Face、Cydonia Faceなどと呼ばれる。現在はパレイドリアによる錯覚と解されている。 地理 位置 経緯度は、北緯40.8°、西経9.6°(東経350.4°)。 地名では、アキダリア平原とアラビア大陸(高地)との境界付近に伸びるシドニア・メンサエ(Cydonia Mensae、メンサは頂部が平らな山で、メンサエはその複数形)の北部に位置する。人面岩固有の名はない。シドニアとはもともと、火星探査以前の望遠鏡観測時代に、この付近一帯のアルベド地形に与えられた地名で、非公式にシドニア地域やシドニア平原(ただし実際には山地も多い)とも呼ばれる。
    【更新日時】2016-02-19T10:51:30+09:00

  16. 火星通信衛星   【ID: 10861836】
    名称 火星通信衛星Mars Telecommunications Orbiter
    所属 アメリカ航空宇宙局 (NASA)ジェット推進研究所 (JPL)
    状態 開発中止
    目的 惑星科学、火星探査
    周回対象 火星
    質量 1,800 kg
    火星通信衛星(かせいつうしんえいせい、マーズ・テレコミュニケーション・オービター、Mars Telecommunications Orbiter: MTO)とは、アメリカ航空宇宙局 (NASA) がいわゆる惑星間インターネットを構築する目的で2009年に打ち上げを計画していた火星を周回する通信衛星。ただし、優先順位の関係で2005年6月21日に計画がキャンセルされた。
    マーズ・サイエンス・ラボラトリー
    NASAの宇宙探査機
    火星探査
    Mars Telecommunications Orbiter
    Mars Telecommunications Orbiter
    hu:Mars Telecommunications Orbiter
    pl:Mars Telecommunications Orbiter
    pt:Mars Telecommunications Orbiter
    【更新日時】2008-12-31T03:35:48+09:00

  17. 火星協会   【ID: 520999】
    火星協会(かせいきょうかい、英: Mars Society)は、火星の探査・植民を促進することを目的とした、国際的な宇宙探査・開発主張者のNPO。1998年の中頃にロバート・ズブリンらによって設立され、著名なSF作家や映画製作者(キム・スタンリー・ロビンソンやジェームズ・キャメロンを含む)の支持を受けた。協会は、火星探査が政府や人々にとって利益になると説得するとともに、民間による火星ミッションの可能性も検討している。 2006年現在では、協会は国際的な運営委員会により動かされるようになり、世界50カ国以上の4000人以上の会員と6000人の準会員を持つまでに成長した。会員は様々な層からなり、理想的な宇宙探査や火星探査の機会のために活動している。 協会ではアピールなどの政治的な活動だけではなく、火星が到達可能な目標であると示すことを目的として、以下のような実用的な試みや計画なども行っている。 有人火星探査計画マーズ・ダイレクトのさらなる研究開発 火星アナログ研究ステーション (MARS) プログラム - 将来の火星居住ユニットのための、NASAと共同の火星に似た環境でのシミュレーション フラッシュライン火星北極調査基地 (FMARS) - カナダ・ヌナブト準州デヴォン島ホートン・インパクト・クレーター 火星砂漠研究基地 (MDRS) - ユタ州高原の砂漠地帯 ヨーロッパ火星研究基地 (Euro-MARS) - アイスランド 火星協会アナログ与圧ローバー (Mars Society Analogue Pressurised Rover) - 火星で使用可能な与圧ローバーの設計 関連項目 火星の植民 火星の旗 外部リンク 火星協会 (英語) 日本火星協会。
    【更新日時】2014-11-29T19:04:49+09:00

  18. 火星のプリンセス   【ID: 76378】
    『火星のプリンセス』(かせいのプリンセス、英: A Princess of Mars) は、エドガー・ライス・バローズのSF冒険小説。初版は1917年。バローズのデビュー作であり、火星シリーズの第1作。 主人公のジョン・カーターは、アメリカの元南軍大尉であるが、生まれた育った記憶がなく、年齢も不詳。幽体離脱で火星(バルスーム)に瞬間移動した後、剣で火星生物や火星人と対決し、恋と冒険に生きる。 SFというよりも、ヒロイック・ファンタジーに似る。しかし、後に「剣と魔法」(Sword and Sorcery)と言われることになるヒロイック・ファンタジーの特徴のうち、「魔法」の部分はきわめて希薄である。火星の飛行船の飛行原理なども科学技術(SF考証)によって説明されていて、魔術や呪術の類は、シリーズを通してほとんど登場しない。惑星冒険ものの嚆矢である(後述)。 「カーターの手記(遺稿)」という形式をとっており、一人称小説として書かれている。好評につき続編が書かれ、全11巻となった。第3作『火星の大元帥カーター』までは3部作として構成され、ジョン・カーターが主人公、デジャー・ソリスがヒロインを務めている。
    【更新日時】2016-01-26T15:36:13+09:00

  19. 火星の生命   【ID: 3114544】
    火星の生命(かせいのせいめい、英語:Life on Mars)については、火星の地球への類似性から、科学者によって長い間その可能性が推測されていた。想像上の火星人は大衆の娯楽にしばしば登場したが、火星に生命がいる、もしくは過去にいたかどうかというのは、現在も謎のままである。 初期の推測 17世紀中盤には火星の極冠が確認されており、18世紀後半にはウィリアム・ハーシェルによって、夏と冬で成長したり縮んだりすることが観測された。19世紀中盤までには、火星の1日は地球とほぼ同じ長さである等、地球と様々な似た面を持つことが知られるようになった。また、赤道傾斜角が地球と近く、これは四季があることを示すが、一年の長さが長いため、その期間は地球の倍近くになる。これらの観測から、アルベドの小さい部分は水であり、大きい部分は陸であるという推測が強くなっていった。このように、火星に何らかの生命が存在するというのは自然に受け入れられていった。 1854年、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジのフェローで、「科学者(scientist)」という言葉を一般に広めたウィリアム・ハーシェルは、火星には海と陸があり、生命が存在するという仮説を立てた(しかしハーシェルは、太陽にさえ生命と文明が存在すると考えた)。
    【更新日時】2015-10-17T12:32:19+09:00

  20. 火星人 (曖昧さ回避)   【ID: 637583】
    火星人(かせいじん)とは、 19世紀の天文学で火星に存在すると推定されていた知的生命体。→火星人 SF作品等で、人類が火星で生活できるようになった後に、火星で生まれた人類のこと。 NHKの連続人形劇『プリンプリン物語』に登場するキャラクターの一人。主人公プリンプリンの補佐役。耳が動き、予感ができるのが特徴。声の出演は堀絢子。 細木数子が考案した六星占術に出てくる概念で、火星を運命星に持つ人。→火星人 (六星占術) 神煕玲がとなえた真理占星学及び六大天冲殺に出てくる概念の一つ。 レオン自動機(証券コード6272)が製造する包あん機の商標。 平岡禎之が自身の家族を題材に沖縄タイムスに掲載している四コマ漫画及びブログ→うちの火星人。
    【更新日時】2015-09-13T11:03:40+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。