便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

睡眠

左メニューを「睡眠」に切り替えました。

9件マッチしました。

  1. 睡眠   【ID: 2661】
    睡眠(すいみん、羅: somnus、仏: sommeil、英: sleep)は、ねむること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである。ねむりとも言う。 からだの動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる。 動物では夜間に活動し昼間に睡眠をとるものも多い。だが、ヒトの通常は昼間に活動し夜間に睡眠をとる。新生児では断続的に、つまり細かく中断をはさむかたちで1日あたり16時間の睡眠をとり、2歳児で9〜12時間になり、成人は(健康な人では)一晩で6〜9時間の睡眠を必要とする。パターンの推移としては、乳幼児期に短時間の睡眠を多数回とるというパターンで、成人になるにつれ一度にまとまった睡眠パターンへと推移し、高齢になると昼間に何度も居眠りし夜間は数時間しか眠らないというパターンになる。
    【更新日時】2016-04-25T09:44:21+09:00

  2. 睡眠時無呼吸症候群   【ID: 211337】
    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気である。 定義と概念 「無呼吸・低呼吸指数」(apnea hypopnea index; AHI) が米国睡眠医学会の提唱する基準では5以上且つ日中の過眠などの症候を伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い。 ここでは 無呼吸 口、鼻の気流が10秒以上停止すること。 低呼吸 10秒以上換気量が50%以上低下すること。 無呼吸・低呼吸指数 1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。を指す。 なお、この定義には当てはまらないものの低呼吸状態を繰り返して不眠を訴える場合があり、その場合も睡眠時無呼吸症候群と同様、患者のいびきや歯ぎしりがひどい場合が多いため「いびき・歯ぎしり不眠症」と呼ばれる。 分類 睡眠時無呼吸症候群は、次の3種類がある。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (OSAS, Obstructive SAS) 上気道の閉塞によるもので呼吸運動はある。
    【更新日時】2016-03-01T20:45:11+09:00

  3. 睡眠時無呼吸症   【ID: 211405】
    『睡眠時無呼吸症候群』より : 睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気である。 定義と概念 「無呼吸・低呼吸指数」(apnea hypopnea index; AHI) が米国睡眠医学会の提唱する基準では5以上且つ日中の過眠などの症候を伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い。 ここでは 無呼吸 口、鼻の気流が10秒以上停止すること。 低呼吸 10秒以上換気量が50%以上低下すること。 無呼吸・低呼吸指数 1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。を指す。 なお、この定義には当てはまらないものの低呼吸状態を繰り返して不眠を訴える場合があり、その場合も睡眠時無呼吸症候群と同様、患者のいびきや歯ぎしりがひどい場合が多いため「いびき・歯ぎしり不眠症」と呼ばれる。 分類 睡眠時無呼吸症候群は、次の3種類がある。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (OSAS, Obstructive SAS) 上気道の閉塞によるもので呼吸運動はある。
    【更新日時】2016-03-01T20:45:11+09:00

  4. 睡眠導入剤   【ID: 39741】
    睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。 これらの薬による「睡眠」とは比喩であり、麻酔として使用された場合に意識消失を生じさせている事であり、通常の睡眠段階や自然な周期的な状態ではない;患者はまれにしか、麻酔から回復し新たな活力と共に気分がすっきりすることを感じない。この種類の薬には一般的に抗不安作用から意識消失までの用量依存的な効果があり、鎮静/催眠薬と称される。 化学構造により、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、オレキシン受容体拮抗薬、バルビツール酸系や抗ヒスタミン薬などに分類される。これはオレキシン受容体拮抗薬と抗ヒスタミン薬を除き、GABAA受容体に作用し、また薬剤間で効果を高めあう相加作用がある。作用時間により、超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型に分類される。
    【更新日時】2016-03-30T14:27:11+09:00

  5. 睡眠薬   【ID: 168190】
    『睡眠導入剤』より : 睡眠薬(すいみんやく、Hypnotic、Soporific、Sleeping pill)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物である。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用がある。睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当する。 これらの薬による「睡眠」とは比喩であり、麻酔として使用された場合に意識消失を生じさせている事であり、通常の睡眠段階や自然な周期的な状態ではない;患者はまれにしか、麻酔から回復し新たな活力と共に気分がすっきりすることを感じない。この種類の薬には一般的に抗不安作用から意識消失までの用量依存的な効果があり、鎮静/催眠薬と称される。 化学構造により、ベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、オレキシン受容体拮抗薬、バルビツール酸系や抗ヒスタミン薬などに分類される。これはオレキシン受容体拮抗薬と抗ヒスタミン薬を除き、GABAA受容体に作用し、また薬剤間で効果を高めあう相加作用がある。作用時間により、超短時間作用型、短時間作用型、中時間作用型、長時間作用型に分類される。
    【更新日時】2016-03-30T14:27:11+09:00

  6. 睡眠障害   【ID: 178903】
    睡眠障害(すいみんしょうがい, 英: Sleep disorder)とは、人や動物における睡眠の規則における医学的な障害である。一部の睡眠障害は、正常な身体、精神、社会や感情の機能を妨げるほど深刻となる。長期的に持続し、著しい苦痛や機能の障害を伴っているものが精神疾患と診断される。一部の睡眠障害においては、睡眠ポリグラフ検査が指示される。 入眠や、明らかな原因なく睡眠持続が難しい場合には、不眠症とみなされる。睡眠異常症は、日中に眠気が高まり入眠する問題や睡眠持続における症状を伴い、睡眠障害に分類される。不眠症には、睡眠の維持の問題や、疲労感、注意力の減少、不快感といった症状が長期間にわたるという特徴がある。不眠症の診断のためには、これらの症状が4週間以上続いている必要がある。 『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版(DSM-IV)は原発性不眠、身体や精神の障害に伴う不眠症、物質(薬物)の消費や乱用に伴う不眠症に分類している。不眠症を有する人は、しばしば不安や抑うつの進行につながるため健康へのよくない影響についての懸念がある。
    【更新日時】2016-04-25T21:44:38+09:00

  7. 睡眠欲   【ID: 634724】
    睡眠欲(すいみんよく)とは、眠気として感じられる睡眠に対する欲求である。食欲・性欲と並ぶ人間の三大欲求の一つとされる。 睡眠欲にどこまで抵抗出来るかは、断眠実験によって調べられている。自発的に眠らずにいられるのは、2週間前後が限界であるようで、その後2 - 3日熟睡した上で、健康を回復するという。2007年5月25日にイギリス人の42歳の男性が、Webカメラでのインターネット中継の下で266時間(11日間と2時間)に成功したのがこれまでの最長記録である。なお、ギネス記録に不眠記録が掲載されていた頃もあったが、現在では不眠限界への挑戦は挑戦者自身に危険を伴うものであるとして、当該項目は削除されている。 数日間睡眠を奪われると、脳の高次機能に障害が発生し、妄想や幻覚などが現れる。さらに、身体的にも体重減少、免疫力の低下などの異常がみられる。これ以上の影響については人間では(人道的な見地から)ほとんど研究されていないが、ネズミを使った実験によると2 - 3週間の断眠で死に至ることが報告されている。
    【更新日時】2015-03-22T06:10:33+09:00

  8. 睡眠不足   【ID: 2845196】
    睡眠(すいみん、羅: somnus、仏: sommeil、英: sleep)は、ねむること、すなわち、周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態のことである。ねむりとも言う。 からだの動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているが、簡単に目覚める状態のことをこう呼んでいる。 動物では夜間に活動し昼間に睡眠をとるものも多い。だが、ヒトの通常は昼間に活動し夜間に睡眠をとる。新生児では断続的に、つまり細かく中断をはさむかたちで1日あたり16時間の睡眠をとり、2歳児で9〜12時間になり、成人は(健康な人では)一晩で6〜9時間の睡眠を必要とする。パターンの推移としては、乳幼児期に短時間の睡眠を多数回とるというパターンで、成人になるにつれ一度にまとまった睡眠パターンへと推移し、高齢になると昼間に何度も居眠りし夜間は数時間しか眠らないというパターンになる。
    【更新日時】2016-04-25T09:44:21+09:00

  9. 睡眠麻痺   【ID: 10779030】
    『』より :
    【更新日時】2008-12-24T19:46:13+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。