便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

突発性難聴

左メニューを「突発性難聴」に切り替えました。

1件マッチしました。

  1. 突発性難聴   【ID: 23888】
    突発性難聴(とっぱつせいなんちょう、英名:Sudden Deafness(SD) もしくはSudden Sensorineural Hearing Loss (SSHL))とは突発的におきる原因不明の急性感音難聴である。 突発性難聴は1944年 De Kleynにより初めて報告された。突然に原因不明な内耳性の感音性難聴が発症する疾患である。 発症は突然であり、患者は難聴になった瞬間を語ることができるほど突発的である。(たとえば「朝、起きたら」とか、「図書館に行く前はなんともなかったのに、図書館から帰ってきたら聞こえが悪くなっていた」とかである。) ある程度の時間をかけて徐々に難聴が進んだようなケースは突発性難聴ではない。 随伴症状として耳鳴りや耳閉憾を伴うことが多く、半数程度の患者は発症の瞬間には強いめまいを伴うが強いめまいは1回だけであり、強いめまいを繰り返したらほかの疾患の可能性を考える。
    【更新日時】2016-02-15T17:24:16+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。