便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

銀河

左メニューを「銀河」に切り替えました。

21件マッチしました。

  1. 銀河   【ID: 21386】
    銀河(ぎんが、英: galaxy)は、恒星やコンパクト星、ガス状の星間物質や宇宙塵、そして重要な働きをするが正体が詳しく分かっていない暗黒物質(ダークマター)などが重力によって拘束された巨大な天体である。英語「galaxy」はギリシア語の「galaxias、γαλαξίας」を語源とし、意味は英語で銀河系を指す「Milky Way」の語源でもあるミルクである。 銀河には、1000万 (107) 程度の星で成り立つ矮小銀河から、100兆 (1014) 個の星々を持つ巨大な銀河まである。これら星々は恒星系、星団などを作り、その間には星間物質や宇宙塵が集まる星間雲、宇宙線が満ちている。ほとんどの銀河では質量の約90%を暗黒物質が占める。観測結果によれば、すべてではなくともほとんどの銀河の中心には超大質量ブラックホールが存在すると示唆される。これは、いくつかの銀河で見つかる活動銀河の根源的な動力と考えられ、銀河系もこの一例に当たると思われる。 歴史上、銀河はその具体的な形状を元に分類された。それは視覚的な形態論を以って考察された。一般的な形態は、楕円形の光の輪郭を持つ楕円銀河である。
    【更新日時】2016-04-05T12:35:47+09:00

  2. 銀河英雄伝説の登場人物   【ID: 136639】
    銀河英雄伝説の登場人物(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうじんぶつ)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の人物の一覧である。その人数の多さは、壮大な銀河叙事詩である本作品の特徴の一つでもある。具体的な記事は所属によって銀河帝国、同盟、その他、歴史上の人物をそれぞれ参照のこと。 人名の特徴 物語の舞台は、宇宙に進出した架空の未来の人類社会であるが、かつての民族や国籍の差異はその姓名に名残を残すのみになっている。その呼び方は大きく分けて、地球時代の名残から「W(ウエスト)式(例 ウォルフガング・ミッターマイヤー)」と「E(イースト)式(例 ヤン・ウェンリー)」に区別される。またごく稀な場合ではあるが名字、つまり姓を持たないこともある(例 ウランフ)。帝国側はその歴史的経緯からドイツ風に統一され(当然「ウエスト式」となる)、さらに皇族・貴族に連なる者には「フォン」の称号が与えられている(例 ラインハルト・フォン・ローエングラム)。
    【更新日時】2015-12-04T07:56:07+09:00

  3. 銀河英雄伝説の登場人物一覧   【ID: 689053】
    『銀河英雄伝説の登場人物』より : 銀河英雄伝説の登場人物(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうじんぶつ)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の人物の一覧である。その人数の多さは、壮大な銀河叙事詩である本作品の特徴の一つでもある。具体的な記事は所属によって銀河帝国、同盟、その他、歴史上の人物をそれぞれ参照のこと。 人名の特徴 物語の舞台は、宇宙に進出した架空の未来の人類社会であるが、かつての民族や国籍の差異はその姓名に名残を残すのみになっている。その呼び方は大きく分けて、地球時代の名残から「W(ウエスト)式(例 ウォルフガング・ミッターマイヤー)」と「E(イースト)式(例 ヤン・ウェンリー)」に区別される。またごく稀な場合ではあるが名字、つまり姓を持たないこともある(例 ウランフ)。帝国側はその歴史的経緯からドイツ風に統一され(当然「ウエスト式」となる)、さらに皇族・貴族に連なる者には「フォン」の称号が与えられている(例 ラインハルト・フォン・ローエングラム)。
    【更新日時】2015-12-04T07:56:07+09:00

  4. 銀河英雄伝説の登場人物・銀河帝国   【ID: 10729326】
    銀河英雄伝説の登場人物・銀河帝国(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうじんぶつ・ぎんがていこく)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の人物のうち、銀河帝国に所属・分類される人物の一覧である。 ラインハルト・フォン・ローエングラム ラインハルトとキルヒアイス ラインハルト・フォン・ローエングラム 帝国側の主人公。 ジークフリード・キルヒアイス 親族 アンネローゼ・フォン・グリューネワルト ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ(ヒルダ) アレクサンデル・ジークフリード・フォン・ローエングラム(Alexander Siegfried von Lohengramm) ラインハルトとヒルダの間に生まれた男子。
    【更新日時】2016-02-07T19:57:51+09:00

  5. 銀河英雄伝説の戦役   【ID: 10767168】
    銀河英雄伝説の戦役(ぎんがえいゆうでんせつのせんえき)では、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の戦役及び戦闘について記述する(一部非戦闘の項目を含む)。
    本項は、『銀河英雄伝説』の本編及び外伝で執筆された「創作上のリアルタイム」に登場する戦役、及び独立した戦闘を、原則として時系列に沿って記述する。戦役の中に含まれると思われる戦闘も、特記すべき戦闘に関しては別項を設けて記述する。一部戦闘とは呼べない事件(キルヒアイスの死亡等)を、物語上重要な場面であれば項目として含む。
    西暦27世紀になって、地球政府及び軍の肥大化に伴い、各植民星からの搾取が拡大した。植民星側は軍の縮小や植民星側の自治の確立などを求めていたが、あくまでも自分達の既得権益を守ろうとする地球側はその要求に応じず、さらに反地球派の代表的存在であるシリウス政府を公敵に仕立て上げ、シリウスこそが地球にとって代って人類を支配しようとしているという宣伝工作を始めた。ところがこれが裏目に出て、植民星側の多くはシリウスを支持する様になってしまった。
    【更新日時】2009-01-23T12:43:17+09:00

  6. 銀河英雄伝説の登場人物・自由惑星同盟   【ID: 10729328】
    銀河英雄伝説の登場人物・自由惑星同盟(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうじんぶつ・じゆうわくせいどうめい)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の人物の内、自由惑星同盟に所属・分類される人物の一覧である。
    同盟側主人公。ヤン・ウェンリーを参照。
    : (声:青野武)
    : 銀河英雄伝説の用語 ヤン艦隊参謀長。生真面目な性格であり、ヤン艦隊内では数少ない常識家であるため、ダスティ・アッテンボロー アッテンボローやオリビエ・ポプラン ポプランからは「歩く小言」と煙たがれている。ただし、根っからの石頭ではなく、柔軟な発想も持ち合わせているが、アウトロー気質の者が多いヤン艦隊では自らあえて常識的な意見を述べる憎まれ役の立場に徹していた。
    【更新日時】2009-01-19T13:14:42+09:00

  7. 銀河英雄伝説の用語   【ID: 10726002】
    銀河英雄伝説の用語(ぎんがえいゆうでんせつのようご)では、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の用語について記述する。
    原則としてオリジナルの用語を解説しているが、一般的に使用されている用語も、原作に記述された内容に関連して説明の必要ありと思われる者については項目を設けて解説している。原作/アニメ/コミック/ゲームなどで意味合いが異なる場合は、その都度解説を加えている。
    作品中における事件・出来事の用語について、歴史全体の時系列における関係にて、銀河帝国の成り立ちを基準にした上で記述する。なお、本編における個別の戦い・戦争名については銀河英雄伝説の戦役の項を参照の事。
    【更新日時】2009-01-23T12:03:30+09:00

  8. 銀河テレビ小説   【ID: 106936】
    『銀河テレビ小説』(ぎんがテレビしょうせつ)は、NHK総合テレビの夜の帯ドラマ番組である。なお、本番組の前身である『銀河ドラマ』についても記述する。 朝の連続テレビ小説と並んで、ゴールデンタイムにもそれに匹敵する内容の番組を作ろうという趣旨で1969年4月に『銀河ドラマ』のタイトルでスタートした。放送時間は毎週月曜から金曜の21:00 - 21:30までだった。『銀河ドラマ』の極初期は1シリーズ5-10回程度の短編だったが、後期以後は概ね1シリーズ20回程度だった。 1972年4月には『銀河テレビ小説』と改題し、22:00 - 22:15まで、更に1974年からは『ニュースセンター9時』の後の21:40 - 22:00、1988年度前期(4月 - 9月)は22:20 - 22:40、同年度後期(1988年10月 - 1989年3月)は22:00 - 22:20に放送された(翌日日中に再放送)。
    【更新日時】2016-03-09T18:38:43+09:00

  9. 銀河英雄伝説   【ID: 28174】
    『銀河英雄伝説』(ぎんがえいゆうでんせつ)は、田中芳樹によるSF小説また、これを原作とするアニメ、漫画、コンピュータゲーム、朗読、オーディオブック等の関連作品。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。原作はコミックスを含めて総計1500万部突破を記録したロングセラー作品である。1980年代から2009年6月現在までに複数の版で刊行され、その記録を伸ばし続けている。 作品解説 銀河系を舞台に、数多くの英雄たちによる攻防と権謀術数を、ふたりの主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーを軸に描くスペースオペラ。道具立てはSF的だが「後世の歴史家による記述」という体裁を取っており、文体はむしろ歴史小説に近く、アニメ版においても歴史教科書に載っている写真のような描写が幾つも見受けられる。 本作の原形となったのは、1970年代の末に当時は李家豊〔りのいえ ゆたか〕名義であった田中芳樹が幻影城から新書ノベルスとして出版する予定で書き進めていた『銀河のチェス・ゲーム』である。
    【更新日時】2016-04-23T03:40:04+09:00

  10. 銀河英雄伝説の艦船一覧   【ID: 405753】
    『銀河英雄伝説』より : 銀河英雄伝説の登場艦船(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうかんせん)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する宇宙軍艦(宇宙戦艦、宇宙空母など)および民間の宇宙船である。 原作者の田中芳樹は、本作の執筆に当たって、機械の性能より人間の個性を重視する事を本作の特徴として挙げており、ラインハルトの乗艦であるブリュンヒルトも含めて全長/砲数などの具体的な数値を記していない。したがって本項に記載されたこれらの数値や設定は、原作の執筆後にアニメ化・ゲーム化する際に設定されたものである(原作者は、自分がそれらを作らなかったせいで、アニメ化に際してスタッフに余計な苦労をさせてしまったと述べている)。また、原作で固有艦名が登場したのは艦船の一部で、その他の艦船の名前等も多くはアニメ版やコンピューターゲームにより設定されており、各種性能諸元や級種なども、アニメ版及びその資料集などで設定されたものがほとんどである(例:フォルセティ級、アキレウス級などの艦級名など)。
    【更新日時】2016-04-21T02:45:29+09:00

  11. 銀河声優伝説   【ID: 519997】
    『銀河英雄伝説』より : 『銀河英雄伝説』(ぎんがえいゆうでんせつ)は、田中芳樹によるSF小説また、これを原作とするアニメ、漫画、コンピュータゲーム、朗読、オーディオブック等の関連作品。略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。原作はコミックスを含めて総計1500万部突破を記録したロングセラー作品である。1980年代から2009年6月現在までに複数の版で刊行され、その記録を伸ばし続けている。 作品解説 銀河系を舞台に、数多くの英雄たちによる攻防と権謀術数を、ふたりの主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーを軸に描くスペースオペラ。道具立てはSF的だが「後世の歴史家による記述」という体裁を取っており、文体はむしろ歴史小説に近く、アニメ版においても歴史教科書に載っている写真のような描写が幾つも見受けられる。 本作の原形となったのは、1970年代の末に当時は李家豊〔りのいえ ゆたか〕名義であった田中芳樹が幻影城から新書ノベルスとして出版する予定で書き進めていた『銀河のチェス・ゲーム』である。
    【更新日時】2016-04-23T03:40:04+09:00

  12. 銀河お嬢様伝説ユナ   【ID: 258926】
    『銀河お嬢様伝説ユナ』(ぎんがおじょうさまでんせつユナ、Galaxy Fraulein Yuna(英文)) は、レッドカンパニーが制作したコンピューターゲーム、およびこれを原作とした一連のメディアミックス作品シリーズである。1992年にハドソンよりPCエンジンSUPER CD-ROM²用ゲームとして発売され、後にPC-FX・セガサターン、さらにプレイステーションなどに移植・続編が製作された。『銀嬢伝』(ぎんじょうでん)という通称で呼ばれることもある。同社の別作品に『銀河婦警伝説サファイア』という同スタッフが製作したSTGがあり、本作との直接の関係はないものの『銀河お嬢様伝説コレクション』(PSP)に1・2と共に収録されている。 当初は年間製造タイトル数を確保するため、レッドカンパニー側より提出された企画書をハドソンが承認したもので、一定ファン層に偏った企画であったことから、極めて低予算(1000万)、短期間のスケジュール(半年)、外注と恵まれない状況での制作であったが、期待されていなかった分、制約の無い自由な制作が可能であった事は本作品には有利に働いた。
    【更新日時】2015-10-08T20:27:45+09:00

  13. 銀河パトロール隊   【ID: 16566】
    『レンズマン』より : レンズマン(Lensman)は、アメリカのSF作家E・E・スミスが作り上げたヒーローである。 E(エドワード)・E(エルマー)・“ドク”・スミスは、1937年から10年以上に渡り『銀河パトロール隊』を始めとする一大SF小説、レンズマン・シリーズを書き上げ、スペースオペラと言われる娯楽小説のジャンルの形成に、大きな方向付けの役割を果たした。 レンズマン・シリーズは、地球人のレンズマンである主人公キムボール・キニスンの成長と活躍を物語の軸に置き、銀河文明とそれに敵対する宇宙海賊ボスコーン(ボスコニア文明)との宿命的な全面戦争に到るまでの波瀾万丈の物語を描く。 レンズマン / レンズとは レンズ(アリシアのレンズ、驚異のレンズ)とは、銀河パトロール隊がアリシア人から与えられた認識票である。他者から認識されやすく、当人の行動の邪魔にならない箇所に装着する。原作では人間型レンズマンはプラチナ・イリジウム合金製の腕輪にはめ込まれ、手首に着用する(通常の場合。潜入工作の際などは肩に近い上腕、ズボンのポケット、靴の中などに仕込む場合もある)。
    【更新日時】2016-02-19T03:03:10+09:00

  14. 銀河鉄道999   【ID: 31831】
    『銀河鉄道999』(ぎんがてつどうスリーナイン、Galaxy Express 999)は、松本零士作のSF漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ番組、アニメ映画である。略称は「999(スリーナイン)」。 本項ではこのうち、主として漫画作品と関連作品について述べる。アニメ番組、アニメ映画の詳細については「銀河鉄道999 (アニメ)」を参照のこと。
    【更新日時】2016-04-04T16:24:27+09:00

  15. 銀河ヒッチハイク・ガイド   【ID: 307672】
    『銀河ヒッチハイク・ガイド』(ぎんがヒッチハイク・ガイド、原題: The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)は、イギリスの脚本家ダグラス・アダムスが書いたスラップスティックSFシリーズ。また、その第1作のタイトルであり、作中に出てくる架空の電子本の名前でもある。 大森望の言葉を借りれば「バカSFの歴史に燦然と光り輝く超弩級の大傑作」。ブリティッシュ・ジョークを満載したこのシリーズは、大元のラジオドラマがスタートした当初から人気があり、小説版はベストセラーになり、35か国語に翻訳されて、全世界で約1,600万部が売れたとされ、いまなおカルト的な人気を誇る。 1978年にイギリス・BBCのラジオ4が放送したラジオドラマからスタートし、その後これを基に小説版(1979年 - 1992年)、テレビ版(1981年)、ゲーム版(1984年)、DCコミック版(1993年 - 1996年)、舞台版が作られ、2005年にはついに映画化された。
    【更新日時】2016-04-16T01:37:49+09:00

  16. 銀河ヒッチハイクガイド   【ID: 322821】
    『銀河ヒッチハイク・ガイド』より : 『銀河ヒッチハイク・ガイド』(ぎんがヒッチハイク・ガイド、原題: The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)は、イギリスの脚本家ダグラス・アダムスが書いたスラップスティックSFシリーズ。また、その第1作のタイトルであり、作中に出てくる架空の電子本の名前でもある。 大森望の言葉を借りれば「バカSFの歴史に燦然と光り輝く超弩級の大傑作」。ブリティッシュ・ジョークを満載したこのシリーズは、大元のラジオドラマがスタートした当初から人気があり、小説版はベストセラーになり、35か国語に翻訳されて、全世界で約1,600万部が売れたとされ、いまなおカルト的な人気を誇る。 1978年にイギリス・BBCのラジオ4が放送したラジオドラマからスタートし、その後これを基に小説版(1979年 - 1992年)、テレビ版(1981年)、ゲーム版(1984年)、DCコミック版(1993年 - 1996年)、舞台版が作られ、2005年にはついに映画化された。
    【更新日時】2016-04-16T01:37:49+09:00

  17. 銀河戦隊ギンガマン   【ID: 306923】
    『地球戦隊ファイブマン』より : 『地球戦隊ファイブマン』(ちきゅうせんたいファイブマン)は、1990年3月2日から1991年2月8日までテレビ朝日系列で毎週金曜17:30 - 17:55(JST)に全48話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマシリーズ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。 本作品の特徴として、 スーパー戦隊シリーズ初の兄妹同士による戦隊である。 メンバー全員が小学校の教師という設定である。これに伴って子ども絡みのストーリーも多く登場した。 男性用のVチェンジャーブレスと女性用のVチェンジャーコンパクトと、メンバーがそれぞれ異なった変身アイテムを用いる。追加メンバーや、18年後の『炎神戦隊ゴーオンジャー』のように基本メンバーでも加入が遅かったメンバーの変身アイテムが異なることはあるが、男女で異なった変身アイテムを使用しているのは2013年現在本作品が唯一。 敵キャラクターとして「悪の戦隊」とも言うべき「銀河戦隊ギンガマン」が登場した。等が挙げられる。 また、第2話で変身する際に本名も名乗った他、次第に変身後も本名を呼び合うようになったが、これはシリーズ初のことだった。
    【更新日時】2016-04-26T22:14:08+09:00

  18. 銀河英雄伝説の登場艦船   【ID: 571716】
    銀河英雄伝説の登場艦船(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうかんせん)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する宇宙軍艦(宇宙戦艦、宇宙空母など)および民間の宇宙船である。 原作者の田中芳樹は、本作の執筆に当たって、機械の性能より人間の個性を重視する事を本作の特徴として挙げており、ラインハルトの乗艦であるブリュンヒルトも含めて全長/砲数などの具体的な数値を記していない。したがって本項に記載されたこれらの数値や設定は、原作の執筆後にアニメ化・ゲーム化する際に設定されたものである(原作者は、自分がそれらを作らなかったせいで、アニメ化に際してスタッフに余計な苦労をさせてしまったと述べている)。また、原作で固有艦名が登場したのは艦船の一部で、その他の艦船の名前等も多くはアニメ版やコンピューターゲームにより設定されており、各種性能諸元や級種なども、アニメ版及びその資料集などで設定されたものがほとんどである(例:フォルセティ級、アキレウス級などの艦級名など)。
    【更新日時】2016-04-21T02:45:29+09:00

  19. 銀河戦国群雄伝ライ   【ID: 304882】
    『銀河戦国群雄伝ライ』(ぎんがせんごくぐんゆうでん ライ)は、真鍋譲治の漫画、及びそれを原作としたテレビアニメ。 「月刊コミックコンプ」(角川書店)で1989年11月号から1993年1月号まで、「月刊電撃コミックGAO!」(メディアワークス)で1993年2月号から2001年11月号まで連載された。コミックは全27巻まで発行され、後に月刊 電撃コミックGAO!2003年2月号別冊付録である『銀河戦国群雄伝ライ 異聞』もコミック化された。 また、作者自身の手によって本作の二次創作同人誌化も行われている。その内容は性的なものがほとんどだが本編とリンクしているものも多く、特に「ライと正宗が肉体関係を持つ」という内容のものは前述の「異聞」と本編をつなぐミッシングリンクとして扱われている。 作品解説 神聖銀河帝国皇帝であった光輝帝が崩御したことにより帝政が崩壊する。多数の軍閥による権力抗争が始まる中、北天を制したのが元 帝国左将軍の比紀弾正である。比紀弾正は自身の最も信頼する側近の四天王と共に北天を瞬く間に併呑。
    【更新日時】2016-04-29T00:32:45+09:00

  20. 銀河英雄伝説の登場人物・その他   【ID: 10729330】
    銀河英雄伝説の登場人物・その他(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうじんぶつ・そのた)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の人物の内、銀河帝国/自由惑星同盟のいずれにも所属・分類されない人物の一覧である。
    : (声:小林清志)
    : 第5代にして最後の銀河英雄伝説の登場勢力#フェザーン自治領 フェザーン自治領主。自治領主になったのは帝国暦482年。その頃の手腕から「曲者」として帝国内に知られていた模様。「黒狐」と呼ばれる野心家。
    : 多数の愛人を囲い、芸術、美食を楽しむというエピクロス主義 エピキュリアン的性格の人物。しかし、「権謀術数も洗練されれば芸術たり得る」の信条どおり、ゲームの如く政略を弄するのが本領であり、彼の最上の楽しみといって過言ではない。地球教と手を結び、武力によって互いに食い合い疲弊していく帝国と同盟の間を巧みに泳ぎ回り、"恐怖されるほど強からず、侮りを受けるほど弱からず"というフェザーンの微妙なバランスを維持する事を基本姿勢としている。
    【更新日時】2009-01-08T10:46:19+09:00

  21. 銀河漂流バイファム   【ID: 85094】
    『銀河漂流バイファム』(ぎんがひょうりゅうバイファム)は、1983年10月21日から1984年9月8日まで、毎日放送を制作局として、JNN系列で放送されたロボットアニメである。全46話。制作局の毎日放送では、第23話まで毎週金曜19:00 ‐19:30(JST)、第24話以降は毎週土曜17:00 ‐17:30に放送された。制作は日本サンライズ(現:サンライズ)。 本項では後に作成された外伝作品『銀河漂流バイファム13』についても解説する。 あらすじ 西暦2058年(玩具CMナレーションでは西暦2050年)。地球から遙か四十数光年。イプザーロン系宇宙にある人類の植民惑星クレアドが、異星人の軍隊に突如攻撃され壊滅状態となった。衛星軌道上の宇宙ステーションへ生き残った難民と軍人が逃れるも追撃を受け続け、練習宇宙艦ジェイナスで隣接の植民惑星ベルウィックへ逃れ潜伏。その間にも次第に生存者が減り、現地の軍事基地も壊滅。再度宇宙へ脱出する頃には、大人が一人になっていた。子供たちは異星人脱獄者との遭遇で得た情報から、異星人側の軍の捕虜となった家族を救出するため、ジェイナス及び人型兵器ラウンドバーニアンで異星人の軍隊と戦いながら、敵軍の基地衛星及び母星を目指す。
    【更新日時】2016-04-18T20:31:58+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。