便利な検索機能を目指します。
ザ・キーワード検索

PCバージョンでサイトを表示しています。

風速

左メニューを「風速」に切り替えました。

2件マッチしました。

  1. 風速   【ID: 34029】
    風速(ふうそく)とは、風として空気が移動する速さのことである。 気象庁などで通常使われる単位はm/s(いわゆる秒速)、国際的にはノット (kt) が用いられる。測定には風速計が使用される。 日本国内において単に「風速」という場合、地上気象観測では、地上約10メートルの高さにおける10分間の平均風速を表し、0.25秒ごとに更新される3秒(12サンプル)平均を瞬間風速という。また、平均風速の最大値を最大風速、瞬間風速の最大値を最大瞬間風速という(「瞬間最大風速」は誤用)。都市部では高層建築物が増えて、地上付近の正確な風の流れの測定が困難になっているため、地上数十メートル以上の高さに風速計が設置されている場合も多い。 風速を計りたくても風速計がない場合は、気象庁風力階級またはビューフォート風力階級などを基に、地物または海面の状況から判断した風力により風速を推定する。 ある時間内における最大の瞬間風速を平均風速で割った値のことを突風率といい、一般には1.5から2.0くらいである。
    【更新日時】2013-10-12T19:55:38+09:00

  2. 風速計   【ID: 594962】
    風速計(ふうそくけい)は、風速を測る装置である。測候所や飛行場、塔、山頂などに設置される。また、陸上競技などでは手持式のものが用いられる。 気象要素としての風は、気温、気圧等のようなスカラー量ではなく、風向をともなったベクトルとして把握されなければならない。このため、実際の観測環境における風速計は、風向を観測する手段を併設あるいは内蔵することが多い。風速計は、風速の変化に対する応答性が良好でなければならない。これは、距離定数を以て評価される。距離定数は、風速が0からV(m/sec)に急変した場合に、風速計の指示が0から0.63Vになるまでに要する時間をS(sec)としたときのSV(m)の値であり、小さいほど性能が良いことになる。 日本では、気象業務法及びその下位法令により、公共的な気象観測には、検定(気象測器検定)に合格した「風杯型風速計」「風車型風速計」「超音波式風速計」を用いることとされている。 風杯型風速計 垂直な回転軸の周りに3ないし4個の半球殻又は円錐殻の風杯と呼ばれる羽を有する垂直軸風車型の感部を有するものである。
    【更新日時】2016-04-11T15:17:55+09:00


SimpleAPI「WikipediaAPI」によるWebサービスです。